人気ブログランキング |

<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

香港最高の夜景スポット。

b0339103_02240120.jpg
香港最高の夜景が見えるバー。

Pentax K-3, FA31mm F1.8 Lmited,
f2.8 ISO 1600

香港行ってきました。
このバーは Tapagria.

高層ビルの外のテラスから夜景が見える場所
私が知るかぎり香港で最高の夜景スポット。

紹介はこちら。


by chafu_chafu | 2014-11-30 02:31 | 旅。 | Comments(0)

ペロリ。

b0339103_00025036.jpg
Pentax K-3, DA70mm F2.4, f3.5

ぺろり。
タダものでないな、おぬし。

広島県、尾道にて。


このブログの親サイトはこちら

http://galleryr.web.fc2.com/


by chafu_chafu | 2014-11-18 00:04 | | Comments(0)

ファイヤーキングを誕生日に。

b0339103_19251571.jpg
Pentax K-3, DA35mm F2.8 Macro Limited, F4.0

この年齢になってもありがたいことに両親が誕生日に何か
プレゼントをくださるというので、以前から欲しかった
ファイヤー・キングをリクエストして、いただくことになった。

ただ父は「ファイヤー・キングってなんだ?」という反応なので、
自分で高円寺の有名店に行って買ってくることに。

ディーラー・シップ
http://www.dealer-ship.com/」

以前から一度行ってみたかったの有名店なのだが、
実際店舗をみると、これでもかと様々なファイヤー・キングで棚が
うめつくされているので圧倒される。

b0339103_19245135.jpg
予想どおり、これだけ品数があると、ちょっと傷があったりするものは
値段を下げて売ってくる。
しかし、相当よく見ないとどこがオカシイのかわからないぐらいだ。

そういうのを選ぶとなり安くなるので、
ちょっとがたつきがある定番の翡翠色のジェダイと、ちょっとだけ
欠けたミルク・ホワイトのマグを2つ買わせていただいた。

2つ買って、だいたい問題なしのマグの1つ分ぐらいの値段。

とく以前からジェダイは欲しかったので大満足。白もよさそうだ。
ありがとうございます。

b0339103_19231701.jpg
底の刻印(バックスタンプというらしい)を見ると、だいたいの製造年月日が
わかるという。
これは1950年代中期から1960年代初頭のスタンプ。
白のもほぼ同じだった。

すると、これら作られてからだいたい50年から60年間
経ったものということになる。

今でも状態はよく、バリバリ使うのに何の問題もない。

ファイヤー・キングは分厚くて丈夫なのだが、それにしても
よくもつものだ。

明るく、柔らかく、分厚いファイヤー・キングは、アメリカの黄金期の
陽気さ、健全さ、ポップさを体現しているような気がする。

b0339103_19254173.jpg
使っていて楽しい。

ありがとうございます。

























by chafu_chafu | 2014-11-16 19:38 | カフェ | Comments(0)

秩父にて

b0339103_01040894.jpg
K-3, DA35mm F2.8 Macro Limited
開放

秩父の長瀞にて
わらびもち。

長瀞は今頃は紅葉だろうか。
もう一度行きたいな。


このブログの親サイトはこちら。




by chafu_chafu | 2014-11-16 01:06 | カフェ | Comments(0)

「一番いいカメラとレンズくれ」って


ペンタに関係ないけど思わず投稿。

「一番いいカメラとレンズくれ」って

ってカメラ屋さんに言ったらこうなったらしい


よりによって

ライカM-Pとノクティルックス50mm F0.95の
コンビネーション

あわせてだいたい250万円弱らしい)


買う方も買うほうだが、
ススメるほうもひどくね?

カメラのこと全然知らない人に
取り扱いが難しすぎるレンジファインダーと
50mm F0.95 一本で何を撮れと。

ピントぼけぼけ
構図ブレブレ写真しか
撮れないに1000ペソ。


せめてペンタックス645Zとレンズ数本で
同じ値段、とか
キヤノンの最上級カメラと高級ズームとかで同じ値段とか
ニコンの(同上)

とかススメるのがカメラ屋さんの良心ぢゃね??

あーーー

その分のカメラとレンズを
俺にくれれれれえ。

(オチはこれ)







by chafu_chafu | 2014-11-15 18:11 | カメラ・写真 | Comments(0)

超広角の風景

b0339103_10423826.jpg
Pentax K-3, DA15mm F4 Limited

私はそもそも1眼レフカメラを買ったのは、働き出して2年めだったろうか。
仕事で使うので買った。ニコンにしようかキャノンにしようか、
いろいろ考えたのだが、社にはプロのカメラマンがいたので、
ある意味遠慮してかったのがペンタックスだった。

色々本をよむとペンタックスでもレンズの性能は変わらないという。
プロのカメラマンとは違う、でも卑下して違うのではなく、
とにかく違うんだ。というよくわからない思いで買ったのが
ペンタックスだったと思う。まぁちょっとひねくれてるんですね。

それ以来ずっとペンタックスのカメラを気に入って使っている。
それはまたいつか語るとして。

仕事では広角レンズをずいぶん使った。
当時、上役の担当デスクが写真には割りとこだわる人だったので、
私が撮った写真をひと目みるなり

「あかんな」「使えんな」

と言うことが多く、発奮した。
そうしたプロセスで、私の仕事の範囲では、

「ひと目で見て全体の状況がわかり、かつインパクトのあるもの」

という写真が必要なんだとわかった。

すると主題と背景をいれたほうが状況がわかる。

(かつ、余分なものが入り込んではいけないが)。

となるとある程度広角が必要だ。

(その代わり、広角だと実際より遠近感が強調されるので
 ドカンと近寄って主題を手前に持ってこないといけない。さもないと
 主題が遠く小さくなってなんだかポイントがわからない写真になる)

インパクト、といえばその広角のパースペクティブで
遠近感やスピード感をだすのが手っ取り早い。

ということで、仕事にはフィルムカメラ(フルサイズですよ)の
ペンタックスのFA20-35mm ズームをずいぶん使った。

これにタムロンの28-200mmズームをくっつけた
サブの一眼レフをもう一つ肩から下げると、
私の仕事用にはほぼ無敵という感じの装備だった。

写真が趣味になってからも、28mmレンズをずいぶんつかった。
リコーのGR(初代銀塩)を常に腰につけていたので、
28mmレンズでかなりの枚数の写真をとった。

だから私は広角系の人だと思っていた。

でもこの年齢になると、広角系の

「現実にはありえないパースペクティブ」

がなんだか鼻につくようになった。
高い建物を上下方向でぎゅーんと歪めて
(当然、上がすぼまってる)
超広角で撮る写真なんかを見ると、なんだこれ。
とか思うようになった。

ペンタのデジタルのLimited レンズを中心に使うようになると、
普通の広角だとDA21mm, フルサイズ換算で32mmのレンズしかない。

28mmに慣れた私だと、32だと長いなあ。と思っていたのだが、
使い出してみると、ほとんど支障がない。
なあんだ。と思った。

さらに、FA31mmを使い出してみると、これでほとんど撮るようになってしまった。
これだとむしろフルサイズ50mmの感覚に近いのに。
昔は50mm標準レンズはそんなに使わなかった。

広角でギューンとスピード感を出す。
よりは、
標準レンズで、静かに見つめるように
自然な写真を撮る。

といういうのが好みになってきたのかしら。

ということで私も年を取ったのかしら。とかちょっと思う。

先日、ずいぶん久しぶりに超広角レンズを手に入れた。
DA15mm F4 Limited.

純粋に広い範囲をひとつの写真に入れないといけない、という
必要にかられて買ったので、べつに強調された遠近感が
ほしいわけじゃない。

なので、撮るときは水平にかまえ、
できるだけ

「超広角らしさ」

が出ないように考えながら使っている。

そっちのほうが、なんかカッコイイような気がする。

このブログの親サイトはこちら。
リンク
http://galleryr.web.fc2.com/














by chafu_chafu | 2014-11-10 11:00 | カメラ・写真 | Comments(0)

理想のカフェ

b0339103_20045144.jpg
Pentax K-3, DA35mm F2.8 Macro Limited, f2.8

寝ていて電車を乗り過ごしたのに気がつく。
時間があるときは、こういうときは適当に下車して、
ぶらぶら知らない街を歩くのがいい。

スマホでカフェを検索してみると、なかなかよさ気なカフェがあったので
行ってみる。

私には理想のカフェのこだわりがあって

1)静かで落ちついている

2)長居ができる雰囲気である

3)ソファとか座り心地のいい椅子がある。

4)音楽のボリュームはあくまで抑えめである

5)できたらおしゃれな内装

で、最後に

6)美味しいお茶やケーキがあったらさらに良い。

というもので、とくに2)をクリアするお店はなかなかない。

オシャレなお店があっても4)、うるさめのロックとかかかっている
いまどきのカフェがわりとあったりする。

で、今日偶然みつけたお店は これらの条件をすべてクリアしていた。
ソファどころか、奥のほうはお座敷になっていて、

みんな脚を投げ出してリラックスしている。
オマケに本や写真集がたくさんおいてあったので、
それらを見ながら久しぶりにカフェでのんびりした。

二杯目でカフェオレを頼むと、
ファイヤー・キングのカップに入ってでてきた。

これ、アンティークなので7000円ぐらいするぞ。
ファイヤー・キングですね、というとお店のひとが
ちょっと意外な顔をした。
指摘するひとはあまりいないのかもしれない。

いいお店を見つけました。

やっぱり寄り道はするものだと思う。









by chafu_chafu | 2014-11-08 20:14 | カフェ | Comments(0)

ペンタ史上最高のレンズ


はー。
ペンタックス・フォーラム(英語)で

史上最高の
ペンタレンズは?

という投票をやっていたのだが、
結果がでた。


1位が FA77mm F1.8 Limited

2位が FA31mm F1.8 Limited.

はー。
まあ異議なしというか、定番というか。

ふーむ。

銀塩なら100%異議なしだが、
77mmって、ちょっとAPS-C だと室内では長い感じ。

やっぱどこかで77mmは使ってみたいなあ。

しかし何年前のレンズだよ>ペンタ。





by chafu_chafu | 2014-11-05 19:12 | カメラ・写真 | Comments(0)

Limited シリーズ集合。(DA15mm F4 Limited 買った。)


うだうだブログに書いていたように悩んでいたのだが、
とうとう

DA15mm F4 Limited

を中古で買った。

ジャンク的なレンズも全て中古で売り払ったら
13000円ちょっとになったので、
それを使って買った。

どうしてもほしい!というよりは
焦点距離上の穴を埋めるためにしょうがない、という感じではあるが。

結構 Limited シリーズがそろってきたので、
記念撮影。
香港旅行はこのラインナップで行くぜ。


b0339103_22222932.jpg

DA15mmは中央。
左から

FA31mm F1.8 Limited
DA35mm F2.8 Limited Macro
DA15mm F4 Limited
DA21mm F3.2 Limited
DA70mm F2.4 Limited

新しいHDバージョンで揃えるような
金はないので、全部緑のDA。文句あっか。

あと、Limited シリーズは
DA40mm,FA43mm, FA77mm を買うと
コンプリートだが、

前者2つは焦点距離が近い他のレンズでカバーできるので
私は興味がない。

銘玉と言われる77mmは
いつかぜひ使ってみたい。ということで、わたし的コンプに後一歩。

しかし並べてみると、どれもすげぇコンパクトだ。
Limited シリーズ、素晴らしい。

もっとも、使うときは私は性能を
優先したいので、ちょっと大きくなるが
全てフードをつけて使うのでこうなる。

b0339103_22223980.jpg
あ、いかん。
右端のDA70mmと DA21mmのフードを入れ替えてつけてしまった。

DA21mmF3.2 は、付属のフジツボ型フードが
なんか頼りないので、取り外してサードパーティ製の
メタル・フードをつけてる。
それがこの写真では、DA70mmにくっついてる。

DA21mmについてるのが、DA70mm付属のねじ込み式フード。
ややこしくてすみません。

一番左のFA31mm もともと銀塩用のレンズなので
APS-Cで使うと、内蔵のフードでは不十分なので
サードパーティのメタルフードと接続リングを足して、
いわゆる「ウェポン化」してある。

リンク


ほかはもともとレンズに内蔵されているフード。

それらをつけてもコンパクトで素晴らしい。

「カメラはシステムだ」

というようなことを
今は亡き写真機研究家、サンダー平山さんは言ったことがある。

ボディ、広角、標準、望遠レンズと、
全部セットでシステムとしてどう使っていくかについての
コンセプトがないと、個々のレンズは買えない、ということを
意味していたと思う。

DA12-24mm ズームとDA15mm Limited と
どっちにしようかずいぶん考えたのだが、
他のLimited レンズと一緒に使うことが前提なので
DA12-24mm だとちょっとデカくて使いにくい。

DA12-24単体だと、もちろんこちらのほうが
多用途に使えて便利なのだけれども、
他の単焦点を何本も一緒に持っていく、ということが前提なら、
超広角としては
恐ろしくコンパクトなDA15mm Limitedを
選ばざるをえなかった。

コンパクトといえば、1枚目の写真のn右端のレンズが
中望遠のDA70mm F2.4 Limited なのだが、

これが恐ろしいことに
隣のDA21mm F3.2 Limited より
ごく僅かな差だが小さい。

すげーコンパクト。
しかも性能はとても良い。

ペンタ偉い。

F値をちょっと犠牲にして
サイズを抑えてしかも性能を確保する、絶妙の選択。

しかも最近のデジタルは高感度化が進んでいるので、
以前ほど大きいF値に価値はなく、
写真を撮るのに支障はでない。

投資へのお金がない分、知恵で勝負ってとこですか。

でもカラーバリエーションとか
スペシャルバージョンはもう十分やから
そんなに知恵使わんでもええで(笑)


by chafu_chafu | 2014-11-01 22:45 | カメラ・写真 | Comments(0)

倉敷にて

b0339103_10564561.jpg
倉敷にて。

FA31mm F1.8, f4.5

クリックで少し大きくなります。

このブログの親サイトは
こちら。

http://galleryr.web.fc2.com/



by chafu_chafu | 2014-11-01 10:59 | カメラ・写真 | Comments(0)